予防医療
予防医療について

当院では以下のワクチンを取り扱っています。

●わんちゃん:液量が従来の半分で痛みが少ない、国内流行株を用いた国産のワクチンを採用しています
5種:犬ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬アデノウイルス2型感染症、犬パラインフルエンザ、犬パルボウイルス感染症
9種:5種+犬コロナウイルス感染症+レプトスピラ症(イクテロヘモラジー、カニコーラ、ヘブドマディス)

●ねこちゃん:注射部位肉腫を起こしにくい生ワクチンおよびノンアジュバント不活化ワクチンを採用しています
3種:猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症(猫伝染性腸炎)
5種:3種+猫白血病ウイルス感染症+猫クラミジア感染症
※猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)ワクチンは事前予約による取り寄せとなります

動物さんの生活環境に合わせたワクチンをご提案いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。
また、当院では原則年1回の接種を推奨しておりますが、5種ワクチンを接種しているわんちゃんを対象に院内にて抗体検査(要採血)も実施しております。
コアワクチンの抗体が残っていればその年は接種する必要はありませんので、ワクチンの接種回数を減らすことが可能です。
ただし、7種以上のワクチンを接種しているわんちゃんはワクチンの性質上(抗体が持続しないため)、毎年追加接種が必要となりますのでご了承ください。
また、ねこちゃんの抗体検査は確立されていないため、毎年追加接種が必要となりますのでご了承ください。
当院でのワクチネーションプログラムならびに料金は以下をご参照ください。
ワクチネーションプログラム&価格表.pdf

狂犬病は人間を含むすべての哺乳類で感染し、ほぼ100%死に至る恐ろしい伝染病です。
近年国内での発生はありませんが、現在でも全世界で毎年5.5万人が命を落とし、韓国や台湾など近隣諸国でも発生しております。
また、2006年には海外から持ち込まれた輸入狂犬病により日本国内での死者が発生しており、国内に持ち込まれる可能性はゼロではありません。
そのため、狂犬病予防法により年度ごとに1回の接種が義務付けられています。
当院で鑑札や注射済票の交付も行っておりますので、ご自身でのお手続きは不要です。
役所からのお葉書をお持ちいただくと手続きがスムーズですのでご協力をお願いいたします。
(お葉書をお忘れの場合や初回登録の方は申請書にご記入いただきます)
費用(広島市は一律)
・狂犬病ワクチン接種料:¥2,500
・済票登録料(毎回):¥620
・初回登録料(初回のみ):¥3,000
・犬鑑札再交付手数料(紛失時):¥1,600
・済票再交付手数料(紛失時):¥430
・狂犬病ワクチン証明書再発行手数料(紛失時):¥600(税抜)
※当院では身体検査を行ってからワクチンを接種しますので、別途診察料(初診料、再診料)が発生いたします
※代行手続きに伴う手数料は一切いただいておりません
他自治体からの登録変更は無料で行っておりますので、ご希望の場合は他自治体の鑑札を必ずお持ちください

【年間予防プランのご案内】
当院ではフィラリア・ノミ・マダニ予防を
「より確実で、よりわかりやすく、よりリーズナブルに」続けていただくため、1年間の予防をひとまとめにし、予防の抜けがないようプラン化させていただきました。

【年間予防プランの仕組み】
広島県では通常、フィラリアは5~12月、ノミ・マダニは年中予防が必要です。
予防薬は年々進歩し、一つでフィラリア・ノミ・マダニを1か月間全て予防できるもの、1回の注射で1年間フィラリア予防ができるもの、1回の投薬で3か月間ノミ・マダニの駆除ができるものなど、その子その子に合った予防が可能になりました。
まるペットクリニックではわんちゃん、ねこちゃん、それぞれ3つの基本プランと選べるプラン(わんちゃんのみ)をご用意し、通常の予防期間でかかる金額よりも安価に設定させていただきました。

【年間予防プランのメリット】
①フィラリア・ノミ・マダニ予防をより安価に行うことができます
②フィラリア予防時にかかる診察料、フィラリア検査料が無料(前年から年間予防をされている場合には検査不要も選択可能)となります
③わんちゃん、ねこちゃんの予防薬の院内滴下を毎月無料で行います
④混合ワクチン接種、抗体検査(わんちゃんのみ)、トリミング、ペットホテル、ペットドック(健康診断)などのサービスが特別価格となります
⑤いつでも始められるので春の予防シーズンの混雑を回避できます

【年間予防プランの内容】
●わんちゃん
①おやつタイプの予防薬12ヶ月分:フィラリア、ノミ、マダニ、犬回虫、犬小回虫、犬鉤虫、犬鞭虫
②錠剤タイプの予防薬12ヶ月分:フィラリア、ノミ、マダニ、犬回虫、犬鉤虫、犬鞭虫
③フィラリア注射(12ヶ月有効)+ノミ・マダニ駆除薬12ヶ月分(3ヶ月有効おやつタイプ4回分)
④選べるフィラリア予防薬12ヶ月分+選べるノミ・マダニ駆除薬12ヶ月分
●ねこちゃん
①滴下タイプ予防薬12ヶ月分:フィラリア、ノミ(成虫、卵、幼虫)、マダニ、猫回虫、猫鉤虫、瓜実条虫、猫条虫、多包条虫
②滴下タイプ予防薬12ヶ月分:フィラリア、ノミ(成虫)、ミミヒゼンダニ、猫回虫、猫鉤虫
③滴下タイプ予防薬12ヶ月分:フィラリア、ノミ(成虫、卵、幼虫)、ミミヒゼンダニ、猫回虫

【年間予防プランの価格】
価格表はこちら

【年間予防プランによる優待サービス:プラン申し込み日から1年間有効】
・フィラリア検査時の診察料、フィラリア検査無料
・混合ワクチンまたは抗体検査の割引
・トリミングの割引
・ペットホテルの割引
・ペットドック(健康診断)の割引

【申し込み方法】
・来院時
・電話(火曜日・金曜日を除く、診療時間内)
・ネット予約(随時)
・LINE(随時)
・Facebookメッセンジャー(随時)

【よくあるご質問】
Q.1~4月もフィラリアの予防をしても問題はありませんか?
A.特に問題はありません。蚊の出現時期は地域ごとにHDUという数値によって推定されますが、あくまでも目安です。お住まいの地域によって差があることもあり、確実な予防を行う場合には年間予防が推奨されます。また、内服の予防薬は消化管内寄生虫も駆除できますので、年間を通してこれらの寄生虫から守ることができます。

Q.動物を連れてくる必要はありますか?
A.わんちゃんは予防期間によってはフィラリア検査が必要な場合があり、体重によってお薬のサイズも変わりますので、必ず連れてきてください(連れてくることが難しい場合は事前にご相談ください)。また、体重がわかっているねこちゃんの場合にはお薬のみのお渡しも可能ですが、院内滴下をご希望の場合はねこちゃんも連れてきてください。

Q.返品は可能ですか?
A.返品は原則受け付けておりませんが、予防薬が合わない場合には他の予防薬と交換させていただきますのでご相談ください。

わんちゃんのフィラリア症は生命に関わる病気で、近年成虫駆虫剤や虫体摘出器具の発売中止により治療が難しくなってきております。
また、ねこちゃんのフィラリア症は診断・治療が難しく、ねこちゃんの突然死の主な原因となっております。
しっかりと予防すればほぼ100%防ぐことができますので、小さな家族のためにぜひフィラリア予防を欠かさないようお願いいたします。
わんちゃんでは処方前にフィラリア検査が必要となります(ねこちゃんは不要です)。

当院ではノミ・マダニの年間予防を推進しております。
ノミは13℃以上で活動を始めるため、お部屋の中で過ごす動物さんは年間を通しての予防が安心です(お部屋の駆除をするより動物さんの予防をする方が環境中のノミを減らすのに効果的です)。
わんちゃん、ねこちゃんにノミアレルギー性皮膚炎瓜実条虫症を引き起こし、人間も刺してしまいます。
マダニは主に春先から秋まで活動しますが、冬場に活動するマダニも全国各地に生息しております。
また、初秋から初冬に幼ダニが大量発生し、成ダニだけでなく幼ダニも重症熱性血小板減少症候群(SFTS:人間の死亡率は約25%)ウイルスを持っていることが知られています。
わんちゃんにはバベシア症を引き起こし、貧血により死に至ることもあります。

年間を通して予防していただくと動物さんだけでなく、人間も安心して過ごすことができます。

トップへ